【邪魔なアイツとサヨウナラ】脂肪吸引と注射について

婦人

アフターケアについて

注射器

なかなか痩せることができない、運動をしても脂肪が減らないという悩みを抱えている女性は少なくありません。そのため、ダイエットを諦めてしまう人もいます。しかい、ダイエットを諦めてしまうと、お洒落の幅も制限されてしまい、自分に自信を持てなくなってしまうこともあります。そのため、食事制限や運動で痩せることができない女性は美容整形クリニックで行なっている、脂肪吸引施術に挑戦してみましょう。脂肪の原因となっている細胞を破壊または、取り除くことができるためリバウンドしにくいといったメリットもあります。目標期間までに痩せたい人などにも最適なため、インターネットで情報を集めてみてください。しかし、施術を受ける前に知っておかなくてはいけない事があります。脂肪吸引施術は吸引できる脂肪の量に制限があるということです。吸引できる量を判断するときは、皮膚のたるみ具合で判断していきます。一般的な限度と言われている量は4リットルと言われていますが、皮膚のたるみが少ない女性は3リットル程度しか吸引することができません。手術を行なう場所によっては、脂肪を吸引し過ぎてしまうと皮膚のたるみが悪化してしまう場合もあるため、医師と相談してから決めましょう。脂肪吸引手術の方法や、吸引する部位によって量が異なるため、自分のイメージよりも細くすることができない場合もあります。また、脂肪吸引手術の方法として注射器を使うかメスを使った手術方法を選ぶかでダウンタイムや費用も異なります。メスを使わない方法なら、ダウンタイムにかかる時間を比較的短くすることができ、メスを使った手術方法は少しばかりダウンタイムに時間がかかります。費用は、クリニックによって異なるため、気になる場所を幾つか検討して調べてみましょう。
手術方法の他にも、アフターケアの方法が異なる場合もあります。例えば、カニューレを挿入して脂肪を取り除く手術方法の場合、手術をした後、その部分だけ皮膚が硬くなってしまいます。この症状は、手術した部分の細胞が新しい細胞とくっつくため起こる現象と言われています。そのため、風呂上がりや、テレビを見ている時間などを利用してマッサージしてみましょう。マッサージすることで皮膚が硬くなるという症状を緩和することができます。こういった症状の他にも、むくみや内出血といった症状が出る女性もいます。脂肪溶解注射の手術を受けたあと、患部が腫れてしまう人もいるため、マッサージや自宅で安静な状態を取ったほうが無難と言われています。手術後すぐに、激しい運動や飲酒をしてしまうと適切な効果を得ることができない場合もあり、トラブルの原因になってしまうため注意が必要です。脂肪溶解注射や脂肪吸引手術に挑戦したあとは、しっかりとアフターケアにチカラを入れて注意点を守るようにしましょう。もし、注射した場所や脂肪を吸引した場所に異常を感じた場合は直ぐにクリニックに連絡をして診察してもらってください。処置が遅れてしまうと、手遅れになってしまう可能性もあるため早めの対応が大切なポイントです。同じクリニックに行くのは抵抗を感じるという人もいるため、そういった人は他院修正を行なっている美容整形クリニックを探しておきましょう。脂肪吸引や脂肪溶解注射による修正を行なっている場所なら対応してもらうことができます。

Copyright © 2017 【邪魔なアイツとサヨウナラ】脂肪吸引と注射について All Rights Reserved.